手打ち防止に効果あり スロースイング(練習)

アイアン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現状

先日のラウンドではミスショットが多く、残念な結果でした。

2021.4@大秦野カントリークラブ

そこで、色々と調べたところ、ショットの精度を上げる練習法であるスロースイングに出会い、試してみました!

実際にやってみて、体の動きのタイミングを合わせるのに良い練習法であり、おすすめです。

ポイント

1一定のスピードでスイングする

2体全体を使って打つ

 (私の注意点としては左足をしっかり踏み込む)

練習の様子

手打ち癖がある私は、ボールを打つ直前で手が早くなってしまう傾向があり、トップ気味に打ってしまうことが多かったです。
スロースイングを試したことで手に力が入ってしまっていることを改めて体感できました。

ゆったり、ゆっくりスイングした際に悪いところがあるとスピードの変化など違和感があるので、悪いところのチェックになります。

体重移動、下半身の回転、上半身の回転のタイミングが合うと上手く打つことができ、56°で50yd位のショットが打てるようになりました。

体重移動やそれぞれの回転のタイミングを合わせるのに効果的と感じました。

 

重要なのは、自分の体の動き(体重移動・回転のタイミング)をコントロールすること。
クラブを使ってボールを飛ばす距離、方向をコントロールするのですから、クラブを扱う体の動きをコントロールできないといけませんね。

今はコントロールできていなく、ミスショットが多いですが・・・
少しでも自分の動きをコントロールできるようにスロースイングを引き続き行っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました