【アイアン】ステップ打ち

アイアン

手打ちスイング改善のため、新しい練習方法を調べてトライしてみました。

以下のような方に参考になれば幸いです

・手打ち傾向が強い方(ついつい上半身や手に力が入ってしまう方)

・テイクバック&ダウンスイングでスウェーしてしまう方

私はスコアアベレージ85を目標に掲げる30代(サラ)リーマンです。

ゴルフの上達を目指しながら、ブログを書いております。

ゴルフに割く時間が少ない中で、どうように分析・練習すれば上達できるのかを日々考えながら試行錯誤して楽しんでおります!

この練習で
・上半身に力を入れないスイングの感覚
・下半身主動のスイングの感覚
・スウェーぜず、回転軸が安定する感覚
をつかむことが可能になります。

スポンサーリンク

ポイント

【練習時の動画】


クラブの重さで振り子運動するイメージ。
上半身、手に力を入れずにテイクバック&ダウンスイングをする。


テイクバックの前に右足で踏み込み、体重を乗せる。
ダウンスイングの前に左足にしっかり踏み込み、その力で上半身を引っ張るイメージ。


連続のスイングするのに回転軸を安定させる

この練習により、上半身に力を入れずに大きくスイングできることが体感できました。

安定して連続して打つには、上半身に力を入れず下半身を一定の力感で動かし、さらには回転軸がぶれないことも大事であると気付きました。

【スローモーション】

この練習で飛距離はほぼ落ちませんでした。
意外でしたが、
・しっかり体重移動をする
・回転軸がブレない
ことで効率良くスイングし、ヘッドスピードが落ちずにインパクト出来ているため、飛距離が落ちないのだと思いました。

まとめ

この練習で
・上半身に力を入れないスイングの感覚
・下半身主動のスイングの感覚
・スウェーぜず、回転軸が安定する感覚
をつかむことができたと思います。
上半身の力を入れないとスイングがスムーズになることも体感できました。

でも、素振りのように力を入れずにスイングするのが一番難しいわけで、特にコースでは緊張感から力んでしまうケースが多いと自覚しています。
どのような状況でも上半身に力を入れないスイングが再現性高くできるようにこの練習を取り組みたいと思いました。

興味がある方是非一度お試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました