トップで右脇をしめる!!練習♯6(アイアン編)

アイアン
スポンサーリンク

現状

先日のラウンドで長めのクラブの精度が低いことを再認識しました。

(2021.1@レインボーカントリー倶楽部)

長いクラブを手打ち気味でスイングしてしまい、打ち出し方向がバラつく傾向があります。

手打ち気味だとクラブが長くなればなるほど操作しにくくなり、インパクト時にヘッドの軌道や向きが不安定になっている、と感じています。

今後は手ではなくボディーターン重視のスイングにすることで、スイング自体を安定させ、打ち出し方向のばらつきを少なくしたい狙いがあります。

 

今回、中井学プロの動画を参考に練習しました。

 

動画

練習#6(アイアン編)

最初はトップを連発しましたが、だんだん慣れてくるとナイスショットも出てきました。

以前はショット時に体が伸び上がってしまう傾向がありましたが、抑えられているように思います。

 

ポイント

1トップの位置で右脇を締めるイメージ

右手の位置は頭の上ではなく、右脇を締めて後方に位置させます。

右脇を締めると自然と頭の上付近には位置できません。

頭の上だとアウトサイドイン軌道と体の伸び上がりにつながります。

右手の位置はエルボプレーンの延長線上が理想。

 

2トップからは左の腰を後ろに引くように回転

腰・下半身始動した場合、エルボプレーンよりも下側に位置し、自然とインサイドからクラブが出てインパクトします。

ボールを捕まえにいく軌道となるため、強い球が打てます。

 

教材動画

【シニアツアーへの道#2】堀尾さん、アンタって人は◯◯なんだよ!!

引用:【シニアツアーへの道#2】堀尾さん、アンタって人は◯◯なんだよ!!

【シニアツアーへの道#3】堀尾コーチは天使か悪魔か!?

引用:【シニアツアーへの道#3】堀尾コーチは天使か悪魔か!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました