【手打ち改善&方向性アップ】ハーフスイング(下半身リードの習得可能)

アイアン

ショットの方向性が悪くて、ミスショットに悩んでいます。

方向が悪い原因は手打ちによるものです。
下半身リードのスイングにするために、ハーフスイングでの練習が効果的ですので紹介します。

私はスコアアベレージ85を目標に掲げる30代(サラ)リーマンです。

【ベストスコア 85】

ゴルフの上達を目指しながら、ブログを書いております。

ゴルフに割く時間が少ない中で、どうように分析・練習すれば上達できるのかを日々考えながら試行錯誤して楽しんでおります!

今回、手打ち改善の練習方法であるハーフスイングを紹介します。

以下のような方に参考になれば幸いです。

  • (ウッド、アイアン)ショット精度が低く、お悩みの方
  • ショットの練習方法をお探しの方
  • 下半身リードで打つ動きを習得したい方
  • チーピンにお悩みの方

ハーフスイングで手打ち傾向が弱め、下半身リードのスイングができるようになるとショットの方向性を安定させることができます。

スポンサーリンク

手打ちのデメリットと原因

方向性が悪くなる

アマチュアゴルファーには手でクラブを振り下ろしてしまう手打ちの方が多くいます。

体の中で手や腕は器用に動かすことができますので、手や腕の動きでも調整しながらボールを打つことが出来ます。調整ができる反面、手や腕の動きのわずかなミスによりショットの左右のばらつきにもつながります。

スライスショット

  • クラブに対して手が先行し過ぎてフェースが開き、右に曲げてしまう

フックショット

  • 下半身よりも上半身の動きが早くなることでアウトサイドインのスイング軌道になり、左に曲げてしまう

ゴルフスイングは再現性高く、同じ動きをする必要があります。器用な手や腕でなく、細かな調整ができない下半身の大きな筋肉を使った下半身リードのスイングの方が再現性の高い動きを行いやすくなります。

手打ちの原因

テイクバックする際に手でクラブを持ち上げてしまうからです。

テイクバックで手を使うとダウンスイング時にも手に力が入り、手打ちになってしまいます。

スイングは始動からボールを打つまで2,3秒程の短い時間です。テイクバック時 手に入ってしまった力を切り返しや途中の一瞬で力を抜くのは非常に難しい動作になります。

テイクバックの始動から手でクラブを持ち上げない(手に力を入れない)ことが手打ちの対策になります。

手打ち 対策

始動のポイントは胸(手でクラブを持ち上げない)

バックスイング時に手を使わないようにするには、バックスイングの始動で胸を回転させることがポイントとなります。

胸を回転させ、クラブを持ち上げることで手によるクラブの持ち上げを防げることができます。

チェックポイントはテイクバック時のリーディングの角度です。

クラブを手で持ち上げているか?胸で持ち上げているか?をリーディングの角度でチェック可能です。

良い状態:地面と垂直から前傾角度の間

 

手を使ってクラブを持上げていると地面と垂直以上にフェースが開き、リーディングが真上を向いてきてしまいます。

練習場での動画撮影でチェックポイントの確認が可能ですので、是非お試し下さい。

ハーフスイングを行う最大のメリットは小さいスイングのためテイクバックで手に力を入れないフォームを作りやすいことです。

ダウンスイングからは下半身リードで腰を回転

バックスイングで手に力が入っていない状況を作ることで、切り返しから下半身リードで打つ動作がし易くなります。
この練習を反復して行うことで、ダウンスイングから下半身リードで回転する感覚を習得することが可能となります。

フルスイングでの練習では上半身も大きく動かすことでどうしても手に力が入ってしまいます。

ハーフスイングだと上半身の動き(胸の回転、手の力感)や下半身の動き(切り返しでの腰の回転)に集中しやすく、下半身リードの習得、動きの精度アップに向いています。

【腰をしっかり振り切る】

ハーフスイングのように小さいスイング時はスイング幅に連動して下半身の動き(腰の回転)も小さくなる傾向があります。そのような場合、腰の回転が途中で止まり、打球は左方向に曲がってしまいます。

スイングの幅が小さくても腰をしっかり回転させて振り切る必要があります。

ドライバーも胸の回転でクラブを持ち上げる

短いクラブよりも長いクラブの方が手を使う傾向にあります。
長いクラブのときは、より一層手や上半身に力を入れずに胸の回転でテイクバックすることを心がける必要があります。

↓ハーフスイング Dr編
 

スイング時は上半身の力感を強めず、しっかり下半身を回転させることで弾道方向を安定させることが実感できます。

ドライバーでもハーフスイングの練習は効果がありますので、是非お試し下さい。

まとめ

この練習で

  • テイクバック時に手に力を入れずクラブを持ち上げる感覚
  • 切り返しから下半身リードでスイングする感覚

をつかむことが可能になります。

動きの中では

  • テイクバックの始動時に胸を回転させているか?
  • 腰をしっかり回転させて振り切っているか?

をご自身の感覚でもチェックが出来ます。動画を撮影すると確認しやすいのでおすすめです。

興味がある方是非一度お試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました