【アイアン】ベタ足打ち

アイアン

先日のラウンドでティーショットの精度が低いことを痛感し、スイング改造がまだまだ不十分であることに気付かされました。

前回のラウンドのようにティーショットでプレッシャーを感じてしまうと腰を回転できず、手打ちになってしまいます。
特に腰が回転しないと体がスウェーしてしまう癖もあり、それが非常に厄介です。

今の自分に合う練習が今回の”ベタ足打ち”と体感できましたので、ご紹介します。

以下のような方に参考になれば幸いです

・ダウンスイングでスウェーしてしまう方

・手打ち傾向が強い方(ついつい上半身や手に力が入ってしまう方)

・体の回転が弱いと感じている方

私はスコアアベレージ85を目標に掲げる30代(サラ)リーマンです。

ゴルフの上達を目指しながら、ブログを書いております。

ゴルフに割く時間が少ない中で、どうように分析・練習すれば上達できるのかを日々考えながら試行錯誤して楽しんでおります!

この練習で

・スウェーしないスイングの感覚

・体の軸で回転するスイングの感覚

をつかむことが可能になります。

スポンサーリンク

自己分析

ショット時 スウェーの強弱(ばらつき)により、打球が左右にばらついてしまいます。

スウェーが強い ⇒ 手が遅れ、右に打球を打ち出しスライス

スウェーが弱い ⇒ 手の動きが強くなり、打球を左に打ち出しチーピン

左右両方に打球方向がばらつくのでティーグランドでターゲットの位置に迷ってしまいます。その迷いから余計に体の動きが止まりやすくなり、スウェー&手打ちによって、ティーショットが更に悪くなるという負のサイクルになってしまいます・・・

ポイント

【練習時の動画】

右足を地面に着けたままショットする(とってもシンプル)
【スローモーション】

意識してやっているのですが、インパクト時に少し右足が浮いてしまっています。

動きの変化としては、

・右足を地面に着けることでスウェーが軽減される

・体が回転しやすくなる

ことが体感できました。

最初のうちは・・・右足を着けたままショットすると、動画のように左方向に打出し、チーピン気味の弾道になりました。

 

体が回転しやすくなった状態に、今までの手打ちが合わさった結果チーピン気味になったと推察します。

今後も”上半身に力を入れない”ようにすることが引き続き私の課題になります。

(一年以上取り組んでいますが、改善されている気が全くしない・・・)

ドライバー編

ドライバーのショットも同じ感覚で打つことが出来ました。ドライバーにも効果ありです!

【練習時の動画】

長いクラブでも短いクラブでもスウェーせずに体の回転で打つのが大事ということでしょう。

【スローモーション】

やっぱりインパクト時に少し右足が浮いてしまっています・・・

でも、体を回転させながら打てる感じがあり、良い感覚でした!

まとめ

今の自分には良い感触で練習できました。

・スウェーしないスイングの感覚

・体の軸で回転するスイングの感覚

をつかむことが出来たと感じます。

まだ一回しか練習できていませんが、非常に良い感覚で打つことが出来ました。

次のラウンドまでに練習を重ね、次のラウンドでベスト更新を目指します!

興味がある方是非一度お試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました