【方向性アップ】ベタ足打ちでスウェー改善(IrだけでなくDrにも)

ベタ足打ち アイアン

アイアンショットが左右にばらついてしまい、遠くからのショットでグリーンに乗せられません。
左右のばらつきを抑えたい・・・。

私も左右にショットがばらついて困っていましたが、ベタ足打ち練習でショットの方向性が良くなりました。

この記事では私がパーオン率・ボギーオン率を上げることが出来たベタ足打ちの練習について紹介します。
ショットの方向性アップに効果があり、おすすめの練習です。

私はスコアアベレージ85を目標に掲げる30代(サラ)リーマンです。

【ベストスコア 85】

ゴルフの上達を目指しながら、ブログを書いております。

ゴルフに割く時間が少ない中で、どうように分析・練習すれば上達できるのかを日々考えながら試行錯誤して楽しんでおります!

以下のような方に参考になれば幸いです

・ダウンスイングでスウェーしてしまう方

・手打ち傾向が強くて直したいと思っている方

・体の回転が弱いと感じている方

この練習で

・スウェーしないスイングの感覚

・体の軸で回転するスイングの感覚

をつかむことが可能になります。

スポンサーリンク

ショットが左右にばらつく原因は?

打ち方は様々ありますが、ショット時 スウェーの強弱(ばらつき)により、打球が左右にばらつく方が多いです。

スウェーが強い ⇒ 手が遅れ、右に打球を打ち出しスライス

スライスショット

スウェーが弱い ⇒ 手の動きが強くなり、打球を左に打ち出しチーピン

フックショット

ショットが左右にばらつくと・・・

左右両方に打球方向がばらつくのでティーグランド、セカンドショットでターゲットの位置決めに迷ってしまいます。

本当にその狙いで良いのか?

「1つ前では右に曲げて林の中に入ってしまったし・・・」

「もう1つ前では左に曲げてOBにしてしまったし・・・」

と色々と考えてしまいますね。

はい、その迷いから余計に力が入ったり、体の動きが止まったりして、ショットが更に悪くなってしまうことも。

負のサイクルに陥ります・・・

ゴルフは判断力が求められるスポーツであり、更にはメンタルのスポーツでもあります。

スウェー改善のためのベタ足打ち練習

ベタ足打ち
ベタ足打ちは名前のとおりで右足の裏全体を地面に着けたままの状態で打つ練習です。

【練習時の動画】

【スローモーション】
ベタ足を意識しているのですが、右足が少し浮いてしまっています。

最初は違和感がありますので、右足が少し浮いても問題ありません。スウェーは軽減されます。

慣れないうちはフルショットでなく、ハーフショット位で練習するのも有効です。

ベタ足にするとどうなる?

スウェーするとインパクト時に体全体が左に流れて、右足の裏が地面から離れてしまいますが、ベタ足にすることで物理的にスウェーする(左に流れる)ことが出来ません。

シンプルだけどスウェー改善には非常に効果的です。

スウェーを改善することで左右のばらつきは抑えられ、遠くからグリーンに乗せられる可能性が高まり、パーオン率・ボギーオン率が上がります。

動きの変化

ベタ足打ちをすることで

・スウェーが軽減される

・体が回転しやすくなる

ことが体感できます。

今までスウェーして体が左に流れてしまっていたことで体が回転できずにいましたが、スウェーが抑えられることで体をスムーズに回転させられるようになります。

体の回転が早まることでスイングスピードが上がり、飛距離アップも望めます。

デメリットはある?

アームローテーションが強い方は、打球が左方向に飛んでしまい、ひっかけたり、チーピンになってしまう可能性がありますので、おすすめしません。

スイングの特徴は人ぞれぞれなので、全ての人にマッチするわけではありません。

私も力んでしまい、アームローテーションが強い(手打ち)時は、左方向の打球が出てしまいました。

体が回転しやすくなった状態に、今までの手打ちが合わさった結果ひっかけ気味となって、左方向に打球が飛んでしまいました。

ただし、私はアームローテーションを抑えて、ボディーローテーションを使ったスイングに改善したいと思っていたので、この練習に取り組みました。

ドライバーにも応用可能

ドライバーショットもアイアンと同じ感覚で打つことができ、効果があります。

【練習動画】

【スローモーション】

長いクラブでも短いクラブでもスウェーせずに体の回転で打つことで方向性アップにつながります。

ドライバーでも少し右足が浮いてしまいますが、体を回転させながら良い感覚で打つことができ、左右のばらつきも抑えられます。

まとめ

ベタ足打ち練習では以下のメリット・デメリットがあります。

  • スウェーが軽減される。
  • 体が回転しやすくなる。(飛距離アップにもつながる)
  • ショットの方向性が良くなる。
  • アームローテーションが強い方は打球が左方向に飛んでしまい、逆に方向性が悪くなる可能性がある。

ショットの方向性が良くなり、スコアアップにつながる練習方法となりますので、興味がある方是非一度お試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました