体験レポート【早朝スルー】 メリットとデメリット

体験レポ
スポンサーリンク

<やってみた!>シリーズを始めました。

今回は【早朝スルー】をやってみた!

以下の疑問を持つ方に参考になれば幸いです

・早朝スルーって何?

・朝が早そうだけど、メリットはあるの?

・いつものゴルフと何が違うの?

 

私が実際に早朝スルーをプレーしてみたので、流れやメリット・デメリットについて書きました。

私にとっては料金が安く、午前中にホールアウトできることに非常にメリットを感じました。

ただ、デメリットも感じましたので、活用目的を意識して今後も早朝スルーでラウンドしていこうと思います!

 

スポンサーリンク

早朝スルーとは?

朝4~5時台にスタートし、昼食などの休憩をとらずに18Holeをプレイするラウンド方法です。

”アーリーバード(early bird)”とも言うようです。

 

早朝スルーの流れは?

3:00起床
4:30ゴルフ場到着
5:00スタート
9:00ホールアウト
11:00帰宅

3時起床はやっぱり早いですね(^^;)

でも、先日の寝る時間が確保できていれば、問題ないように思いました。

4時間でホールアウトできたことに驚き、そしてゴルフをして午前中に帰宅できたことにさらに驚き、という初早朝スルー体験でした。

スタートとホールアウトの時間が早いため、ロッカールームやシャワーが使用できない場合がありますので、事前に調べておくことをおすすめします。

メリット

料金が安い

通常時より1,000~2,000円程安い印象でした。

時間帯が早いこともありますが、昼食がないので、その分安くなっています。

ゴルフだけをして、無駄な出費を抑えたい方にはおすすめです。

しかし、昼食がない分、ラウンド後半にはお腹がすきました。

また、休憩する時間もありませんので、体力に自信がない方にはおすすめできません。

午前中にホールアウトできる

一般的にはラウンドすると一日潰れてしまいますが、早朝スルーの場合は午前中にラウンドを終了することができ、午後から別の予定を入れるなど有意義に使うことが可能です。

実際に私の場合 11時に帰宅して家で昼食をして、午後から会社に出社しました。

(体力に自信があった私ですが、さすがに夕方は眠くて仕事になりませんでした・・・)

ラウンド中 待ち時間なし

早朝は組数も少なく、ティーイングエリアで前の組を待つような場面はほとんどありませんでした。

実際にラウンドした際はハーフ1時間半程度でしたので、良い流れでラウンドすることができました。

涼しく、快適にラウンドできる

朝は気温が低く、気温が上がる前にホールアウトできるので、快適にラウンドできます。夏のシーズンには良いと体感しました。

 

デメリット

練習する時間がない

練習時間を確保する時間を確保することはできませんでした。練習時間を確保するにはもっと早く起きないといけませんが、私の場合 3時前に起床は・・・無理です。

超朝型の方以外は早朝スルー前に練習するのは難しいと思います。

体が動かない

練習もできませんし、通常は寝ている時間ですので、5時台から体は動きません。

最初は様子を見ながら、軽めにショットして、最初の2~3Holeをプレーしました。

虫に注意

早朝は草木に虫がいて、ブヨに足を3か所も刺されてしまいました。

虫除け対策は必要です!

帰宅後、足は腫れて大変でした・・・・次回は対策します。

 

まとめ

私にはメリットの方が大きいので、今後も早朝スルーでプレーしていきたいです。

・料金が安い

・午前中にホールアウトできる

というのは非常に良かったです。

ただ、練習をできなく、体が動かない、というデメリットがあり、

”良いスコアでプレーする”というより”練習ラウンド”という考えで活用した方が良いと感じました。

私の場合

・ラウンド経験が少ないので、ラウンド経験を増やす

・課題の発見や克服を確認する

のに今後早朝スルーを活用していきたいと考えます。

 

夏は気温のことを考えると早朝スルーのメリットが高まります。

ご興味ある方、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました