手打ち防止 片手(左手)でアプローチ 手は使わず体で打つ (アプローチ練習)

アプローチ
スポンサーリンク

現状

普段のショットもアプローチも上半身・手に力が入り過ぎてしまう癖が頻繁に発症してしまいます。

最近のラウンドではアプローチ時に手に力が入って飛び過ぎてしまい、ピンをオーバーしてしまう場面も。。。

手に力を入れずにクラブを下ろすレッスン動画があったので試してみました。

実際にやってみて、上半身・手に力を入れる癖がある私には効果的だと思いましたので、おすすめです。

私は今後の練習始めに取り入れます!

 

ポイント

1、クラブを手で上げない

2、トップからは手に力を入れずに、足でクラブを引っ張る

今回の引用した動画の中で星野プロは片手で打っていましたが、

星野プロの仰る通り、片手でやると手に力が入ったことに気付きやすく、良い練習方法と感じました。

 

チェックポイント:クラブを上げた際の手の位置

(NG)手を使ってクラブを上げた場合、体から離れてしまう。

私の場合手が体から離れずクラブを上げることができていました。

※線は構えた時の手の位置が基準

 

練習の様子

星野プロ同様に片手で練習しました。


クラブを下ろす際に手で下げしてしまう癖が染みついていて、ほとんどトップしてしまいました。

普段から手で打ってしまっていることを痛感・・・

何回も練習して低確率ではありますが、きれいにヘッドが入り、ボールに当たるようになりました。

完全の片手打ちは難しかったので、右手でサポートしながら練習しました。

私なりに気を付けたところは

・テイクバックは肩をまわして、クラブを上げる

・トップからは下半身に引っ張られて、肩が回転→手が引っ張られて打つ

片手で手は使えないので、その分 体全体を使って打つ感覚です。

 

両手で打つ際も同じようなイメージで練習。

両手打ちで練習する中で下半身の回転で打つことで飛距離が安定するように感じた。

手に力が入った際の強くボールを打ってしまうが、

手に力を入れないことによって、強く打つミスは減らせることが期待できると思いました。

また、元々ゆっくりスイングするアプローチは上半身に力を入れずに、練習しやすいです。

反復練習すれば上半身・手に力を入れず、ボディローテーションで打つ感覚をつかむことも可能か?

練習開始時に、アプローチの片手打ちを取り入れるようにします!

 

教材動画

スイングの基本はここで作る!アプローチショットの絶対法則を明かします

引用:YouTubeチャンネル:星野英正「オレに任せろ!」

”スイングの基本はここで作る!アプローチショットの絶対法則を明かします”

コメント

タイトルとURLをコピーしました